2015年5月1日金曜日

最高峰のロードバイクタイヤ、S-WORKS TURBO がさらに進化。新型タイヤの発 表 です。

[photo]クフィアトコフスキーが2014年ロード選手権を勝ったとき使用したのが新型S-WORKS TURBOタイヤのプロトタイプでした

ロードバイク用タイヤは近年、そのサイズ(幅)は広くなっていく傾向にあります。空気圧を下げられるワイドな形状なら、よりしなやかに走り、反応性に富み、多様な路面状況に対応できます。

S-WORKS TURBOタイヤは、転がり抵抗、グリップ、耐パンク性能といった、決戦用タイヤに求める条件を最高水準で満たすレーシングタイヤであることは間違いありません。

このタイヤにさらに改良を加えた新型S-WORKS TURBOタイヤを発表します。


この新型S-WORKS TURBOタイヤは、2014年のレースシーズンからプロトタイプとして実戦投入されており、サポート選手が挙げた多くの勝利を支えてきました。


以下は、この新型S-WORKS TURBOタイヤが、今日までに収めた戦歴の一部です:


  • ニキ・テルプストラ ― パリ~ルーベ2014
  • ヴィンチェンツォ・ニバリ ― ツール・ド・フランス2014
  • アルベルト・コンタドール ― ブエルタ・ア・エスパーニャ2014
  • ミハウ・クフィアトコフスキー ― ロードレース世界選手権2014
  • マーク・カヴェンディッシュ ― ツアー・オブ・デュバイ2015
  • ズデネク・シュティバル ― ストラーデ・ビアンケ2015
  • ミーガン・グアナー ― ストラーデ・ビアンケ・ウィメンズ2015

これらをはじめ、トップレベルのレースでその性能を発揮してきました。

彼らのフィードバックをふんだんに取り入れ開発しているTURBOタイヤは、日本国内でも、たくさんのライダーにご愛用いただいています。この新型「S-WORKS TURBOタイヤ」は、さらにパワーアップしています。


上のグラフはタイヤが転がる際に失われるエネルギーをワットに換算したもの。もっとも優秀な他社製品から、SW TURBOはさらに約2ワット低い13.8ワットを記録しました。新型S-WORKS TURBOタイヤの転がり抵抗がとても低く、速いタイヤであることを表しています。



コンパウンドはこちらでご紹介した「S-WORKS TURBO コットンタイヤ」同様に、DUAL-COMPOUND GRIPTON(デュアル・コンパウンド・グリップトン)を採用。コーナーリング時に路面に接するサイド部分と、直進時に重要となる中央部分では、コンパウンドに求める性質も異なるため、それぞれの役割に最適なブレンドのコンパウンドを配置しています。

また、ケーシングの間にもれなくラバーをしみこませた「S-WORKS TURBOケーシング」によって耐久性も高く、路面の凹凸に繊細に順応する、しなやかで速いタイヤに進化。この画期的な設計によって、少ないケーシング数でもより優れたスピード性能や乗り味、耐久性を実現しています。

耐パンク性能においても、この新型S-WORKS TURBOは進化しています。実験の結果、「貫通する力」に対する防護性能は、比較対象より30%も高い数値を計測。「切る力」に対しても同様に向上しています。


近年、より速く、よりスムーズに走るために、レーシングタイヤの幅は広くなっていく傾向にあります。

「じゃあ、どれほどの太さが良いの?」というご質問をいただくことがあります。

もちろん、まずは走るコースのコンディションやライダーの好みが最優先です。そのうえで、トッププロやアマチュアライダーからのフィードバックや様々な実験結果をふまえると、スペシャライズドは24mmから26mmをおすすめします。

走るルートの路面状況にあわせたタイヤのサイズ選びは重要です。荒れていれば、太目のものを、逆にスムースな路面ならば細めを選びたいところ。

「パリ~ルーベ」など、ひどい悪路を走るクラシックレースなどでは、トッププロレーサーは28mmという、かなり幅広なタイヤを使用することもあります。タイヤが太くなればエアロ性能や重量に影響がでますが、その点もある意味楽しみながら、タイヤチョイスをしたいですね。

新型S-WORKS TURBO タイヤの入荷情報は、お近くのスペシャライズド取扱店舗までお問い合わせください。

お近くのスペシャライズド販売店検索はこちらから > 

関連記事:
タイヤ開発マネージャーインタビュー: Turbo Cottonタイヤについて(2014年10月8日)
TOGETHERWEWIN 2:ロードバイクタイヤのチョイス(2014年10月2日)

2015年4月28日火曜日

新型ダウンヒルMTB「S-WORKS DEMO8」に乗ってみた。藤田翔也レポート

新しいダウンヒルバイク「S-WORKS DEMO8」に乗りました。

スペシャライズドMTB TEST RIDERの藤田 翔也です。

マウンテンバイクもいよいよシーズンイン。ダウンヒルバイクの稼働時期です!

今回の記事は「S-WORKS DEMO8」のファーストインプレッションです。


今回はいくつかのポイントに分けてご紹介します!

まずは、バイクサイズ。身長167cmの僕が選んだのはSです。

自分の得意な区間は、シングルトラックやタイトコーナーなどの狭くてタイトなセクション。なので、小さいモーションで素早く曲がれるサイズ感のバイクを重視しました。

身長だけで言えば、以前乗っていた26インチのDEMOを考慮しても、トップチューブ、シートチューブに関してはMサイズでも乗れそうでした。しかし、身長に対して腕が短めな体格なので、リーチ、ホイールベースをしっかりと確認。自分の体格やライディングスタイルに合うのはSサイズと判断しました。

さて、ここからはファーストライドで得た新型DEMOの印象をお伝えします!

すでに完成形と言えた26インチ・ヴァージョンから、思い切ったジオメトリーの変更がされている最新のS-WORKS DEMO8。ホイールサイズの大型化による操作感の違いなど、先入観を持たれる方も多いと思います。僕もそうでした。正直、ライドをするまでは決して全てが良いイメージというわけではなかったのです。

しかし、コースを走ると、すぐにそんなイメージは吹き飛びます。

2015年4月24日金曜日

サイクリング用のウォーターボトルも使いやすいものを選びましょう

ウォーターボトルはサイクリングするうえで欠かせないアイテムですよね。


どんなスポーツでも水分補給はとても大切です。

加齢による変化や個人差はありますが、私たち人間は体重の50%から80%が水分で占められています。筋肉の収縮や、体温調節、栄養素の体内循環から老廃物の排出まで、私たちが生きていくうえで重要なからだの働きを可能にしているのも水分です。

運動中には、汗などで体内の水分が多く失われていきます。とくにこれからの時期は外気温も上昇しますので。こまめの水分補給は欠かせません。もちろん、サイクリングも例外ではありません。

風を受けて爽快に取り組めて、ランニングよりも速く、快適に、遠くまで走れるのがスポーツサイクルの醍醐味。でも、その涼やかなライディングに夢中になってしまうと、ついつい水分補給が遅れがちになってしまいます。



2015年4月23日木曜日

トライアスロン・シーンに輝く女性、グウェン・ヨルゲンセンに迫る


グウェン・ヨルゲンセンが優れたスイマーなのは練習の成果であり、生来の才能もあって陸上界のスターとなりました。この二つをバイクでの粘り強さと組み合わせたとき、彼女はトライアスロンの世界チャンピオンとなったのです。

グウェンのプールでの練習法を見れば、水泳こそがオリンピック出場へのチケットとなったと思われるでしょう。ウィスコンシン生まれで黒髪、身長177cmの彼女は高校時代、学校が始まる前の毎朝5時と、放課後に周回練習を行っていました。世界最大のステージで戦う(彼女の8歳からの野望)などのとても大きな目標がある場合、一日に二回の練習を行うものです。彼女の練習倫理は誰も否定ができないでしょう − 彼女のパフォーマンスが非凡にわずかに届かないという事実をほとんど埋め合わせています。


「水泳で成功するためなら何でも試しましたが、その望みは叶いませんでした」と、カンファレンスチャンピオンや4度の高校水泳チームのMVPに輝いたことを謙遜して言及しない、28歳のヨルゲンセンは振り返ります。彼女の実に見事な水泳記録は、ウィスコンシン大学に行くまで続きませんでした。大学のチームで優秀になろうとどれほど努力しても、ランニングの様に水泳はうまく行かなかったのです。水泳のオフシーズンでは、彼女は高校の陸上のスター選手でした。水を愛したのと同じだけ陸上も彼女の得意分野であり、これこそ大学2年生までに陸上に専念しようと決めた理由でした。


「タイム計測をして、毎週のように大会に出ました。一年後、NCAA(全米大学体育協会)の大会に出たのです」と、トラック競技と二度のクロスカントリーの計三回でNCAA選手権を戦ったヨルゲンセンは言います。才能を認めようとそうでなかろうと、このアメリカ人アスリートはプロランナーとして人生を追い求めるという過酷な現実に、幻想を抱いてはいませんでした。20095月に学位を授与したあと、同大学に残って会計学の修士課程へと進み、卒業後はアーネスト・アンド・ヤングで公認会計士として働き出しました。

2015年4月17日金曜日

はじめてのスポーツバイク、女性のためのやさしいライド IN スぺシャライズド・ラウンジ:丸山八智代レポート

「はじめてのスポーツバイク、女性のためのやさしいライド」のレポートです

こんにちは、丸山八智代です。

4月12日(日)に開催した「はじめてのスポーツバイク、女性のためのやさしいライド IN スぺシャライズド・ラウンジ」のレポートです。

実は、11日土曜日も開催予定だったのですが、春の冷たい雨と路面状況から中止とさせて頂きました。参加予定のみなさまには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

すでに予約受付サイトからメールにてご案内させていただきましたが、425日(土)に荒川彩湖公園(埼玉県さいたま市)にて同イベントを開催します26日分は定員となりました)。参加枠は残りわずかとなっておりますが、ご都合がよろしければこちらへ再エントリーをいただければ幸いです。

また、次のイベントでお会いできるのを楽しみにしています。

さて、12日日曜日は、穏やかな春の日差しに恵まれ、「はじめてのスポーツバイク 女性のためのやさしいライド」は無事開催となりました。今回はスぺシャライズド・ラウンジ(神奈川県厚木市)からの出発です。ちなみにここラウンジでは、スペシャライズド製品の展示・販売と専任スタッフによる製品の説明、そしてボディージオメトリー・フィットというフィッティングサービスも提供しています。最新機器を使い、バイクを自分の身体に合わせて調整をするLAB(ラボ)みたいなスペースです。イベントに参加された女性の中でも気になっている方もいましたね。



ラウンジ内で受付を済ませると、試乗スタッフによるサイズ合わせを一人ずつ行いました。
この時点では、みなさまの緊張感が私にも伝わってきました。


2015年4月16日木曜日

ダウンヒルをさらに進化させる新型デモ8 :藤田翔也レポート

スペシャライズド・ジャパンMTBテストライダーの藤田 翔也です。



僕の手元に届いた「S-WORKS DEMO8は今までのダウンヒルバイクの印象を遥かに越える進化を遂げていました。

フルカーボン化、650b化、BB同軸化、新規デザインの4バーリンケージ、アシンメトリーデザインと全てにおいて革新的なフルモデルチェンジです。



このバイクはPinkbikeが選ぶ「2014年度もっとも革新的なMTB機材にノミネートされています!



2015年4月7日火曜日

ボディージオメトリーフィットモニター FOR 2015宮古島 フォローフィット

3月28日(土)29日に実施した「2日間で目指せ300km!バイクキャンプ@淡路島」。皆さま、ご参加ありがとうございました。「ボディージオメトリーフィットモニター FOR 2015 宮古島」に当選された土屋正さまと早川誠さまも、こちらの合宿へ参加されました。

今回の合宿中に、お2人へのフォローフィットを行いました。フィットテクニシャンを務めた、松田航介さんからレポートをいただきました。


こんにちは、松田です。

ボディージオメトリーフィットモニター企画の当選者、土屋正さまと早川誠さまが3月下旬に開催した淡路島合宿に参加されました。そこで行ったフォローフィットの様子をお伝えします。

フォローフィットとは、ボディージオメトリーフィット後、3週間ほど普段走る環境で実走行をしていただき、そこで得たフィードバックを加味しつつ必要であれば微調整を行う作業です。ローラー台の上では分からないことを、実際のフィールドで検証することで、万全を期すのです。


さて、土屋さまはボディージオメトリーフィットを受けた後、スピンバイクのポジションをフィット後のSHIVに近づけ、SITEROも取り付け、実走行を強く意識したインドアトレーニングに取り組みました。その成果もあり、ポジションが変わったSHIVでの実走行は淡路島が初でしたが、違和感なくライドされていました