2014年4月14日月曜日

TK流バイクパッキングのコツ、宮古島にはコレを持っていけ!

竹谷賢二です。
いよいよ直前に迫った「第30回全日本トライアスロン宮古島大会」。これからトレーニングはジタバタ焦ってもしょうがないので、いかに今の実力を発揮できるようにするかが大事になってきます。疲れを残さないようにすること、睡眠を十分にとっておくこと、そして起床時間を出来るだけ朝方にシフトしてスタート時間に対応できるようにしておくことがポイントですね。

さて今回は、私が考える遠征時のコツなどをご紹介していきましょう。

Shivなどのトライアスロン用バイクは遠征の際パーツの取り扱いが多く注意が必要。
Shivに油性ペンでマーキング。Pilot社の「ペイントペン極細 シルバー」が竹谷さんの御用達

宮古島へは当然ながら飛行機での遠征になりますので、バイクも事前に送っておくか、飛行機輪行だったします。遠征が多いトライアスリートを考慮したShivですが、やはりロードバイクに比べると準備工程は多くなってしまいます。バイクをパッキングする際には、サドル、ハンドルを抜いたり、エアロバーを動かしたりしてコンパクトにまとめることになります。せっかくフィッティングしたり、ここまで乗り込んできた各部のポジションがレース直前にズレたりわからなくなってしまうのは避けたいものです。


そこで私は常日頃からなのですが、バイクに直接油性マジックで線をマーキングしています。ちなみに、お気に入りの油性マジックは、Pilot社のペイントペン極細シルバーです。細部まで書きやすく、しっかりと線が残るので重宝しています。修正も、パーツクリーナーで拭き取ればバッチリです。

2014年4月11日金曜日

大胆な動きを司るシンプルなグローブ

ゴールデンウィークまであとわずか。
マウンテンバイカ―待望のグリーンシーズン到来ですね。
冬の間にトレイルでウデを磨き、ゲレンデオープンを心待ちにしているライダーも多いと思います。
バイク、装備の準備も順調ですか?

グローブはライダーとバイクの接点のなかでも、傷みが激しい装備といえるでしょう。
鮮やかなグリーンがまぶしいLo Down(ローダウン)グローブで心機一転、新たなシーズンのために装備を新調して、ハレバレした気持ちで走るのもよいのではないかと思います。

Lo Downグローブは必要な機能に絞りこんで、シンプルにデザインされたロングフィンガーグローブです。 SPECIALIZEDのグローブといえばパッドが特徴的ですが、ロングストロークのサスペンションを装備しているフルサイズのDHバイクやトレイルバイクの場合には、不要な機能と割り切り、手のひらからの路面情報を的確にインプットしながら手を保護する機能を重視したデザインとなっています。

これで運気上昇?開運?開運?

ボトルケージでバイクに新しい表情を

本日、4月11日(金)、この記事作成のために厚木本社(神奈川県央部)近くの公園で撮影していたのですが、いやーポカポカ、そして日差しがまぶしい! 葉桜の緑や空の青のコントラストが濃く、鮮やか。そんな春の季節にバイクの模様替えをしてみませんか。

といっても、バイクの買い替えを押し付けているワケではないんです。ボトルケージで色のアクセントを変えてみませんかというご提案。Zee Cage II Alloy(ジーケージII・アロイ)なら、必要にして最低限の投資で愛車の雰囲気が変ります。



旅に欠かせないお得なパック

サドルバッグ、フレームポンプ、ボトルケージは乗り出しに欠かせない基本装備。SPECIALIZEDのバイクに乗っていただいているなら、ぜひ装備も揃えてはいかがでしょうか。

Starter Kit(スターター・キット)は、今まさに走り出すライダーのためのパッケージです。Mini-Wedgieバッグ、Zee Cage II Alloy(ボトルケージ)、Air Tool Flex Roadポンプ、EMT Proタイヤレバーがセットになっています。しかも、セットのお値段(7,344円、税込)はバッグ、ケージ、ポンプ単体の合計金額よりもお値段おトク。

いろんなブランドやカラ―を混ぜて使っていると、統一感がなくてバイクにシマリが無いですよね。頼れる黒子、Starter Kitをぜひ使ってみてください。
 

カラ―はブラックで統一。
フレーム色を問わずマッチ。ブラック/ピンクもございます

プレミアムTTフィット その3:フォローフィットで細部まで煮詰めました!

 トライアスロンに最適なTTフィットを受ける木村さんと和田さん

こんにちは、竹谷賢二です。
「第30回全日本トライアスロン宮古島大会」に出走するお二人のトライアスリート、和田さんと木村さんに体験していただいた「TTフィット」。そのフォローフィットの様子をお伝えします!

フォローフィットとは、ボディージオメトリーフィットやTTフィットを受けた頂いたライダーに実際に2週間から1カ月程度トレーニングライドを重ねてもらった後、さらにインタビューや必要であれば機材の再調整を行うことです。例えば、フィッティングによって変更したポジションで実際の走行にネガティブな影響がでた場合に、それをフォローフィットで修正することができます。ローラー台の上だけでは分からないことを実際にフィールドで検証することで、完璧なライドポジションを目指すために万全を期す作業となります。

まずは和田さんのフォローフィットから見て行きましょう。

2014年4月10日木曜日

SPECIALIZED CHALLENGES YOU: スペシャライズドとタイムを競って豪華賞品をゲットしよう


4月20日(日)開催の「第30回全日本トライアスロン宮古島大会」。節目である記念すべき今大会に、スペシャライズド・ジャパン代表の望月秀記とご存じ竹谷賢二が参戦。二人を倒して、豪華賞品を獲得できるか!?

イベントページ参加お申込みはこちらから! :bit.ly/SpecializedChallengesYou 
(スマートフォンや携帯電話の機種によってはアクセスできない場合があります。大変お手数ですが、その際にはパソコンなどからのアクセスをよろしくお願いいたします。)


2014年4月3日木曜日

淡路島トライアスロントレーニングキャンプを完遂!

宮古島まであと1カ月。淡路島にてトライアスロントレーニングキャンプを開催しました

こんにちは、竹谷賢二です。

3月最後の週末トライアスロンシーズン開幕に向けた春合宿TRI "S" トレーニングキャンプin淡路島」を開催しました。

参加された皆さまにアドバイスをしつつ私にとっても宮古島に向けて絶好の機会としてこのタイミングでのトレーニング目的を達成るように、要所要所でしっかりと集中して取り組んできました。

まずは、それぞれトライスロンのキャリアをシェアする形で自己紹介していただきキャンプはスタート。アイアンマンからこれから初エントリーの方まで多様なトライアスリートが、西日本はもとより各地から集まりましたブリーフィングでは合宿の趣旨を説明しつつ、共通認識を持ってトレーニングを進めていきました。

キャンプ1日目は、淡路島1周ライドです。コース全長155Kmとロングディスタンスのバイク練習には格好の距離信号も少なくエアロバーでも走りやすく、そしてアップダウンも適度にあるので総合力を高めるに申し分ないのがこの、淡路島1周アワイチです。

コース前半交通多い区間はウォーミングアップとして軽く流します。10%超の坂を含むアップダウン区間では、インナーでしっかりと登坂する場面もありつつつも、逆に海岸線の平地ではエアロポジションで快速走行。この区間はグループライドであまりバラけない程度に一定ペースで気持ち的には抑えて走ってね、ということでしたが、あまりの気持ちの良いロケーションに皆さま結構とばしていましたね(

強い風の影響、主に向い風だったの消耗した方もいたようです。しかし、ランチタイムなどの大休止はとらずに、エネルギーと水分補給のためのコンビニストップを入れつつも、止まる時間はなるべく少なく、レースと同じようなジワジワたまってる疲労を感じていただきます